テレクラをテレフォンセックスだけのオワコンと思う間違い

テレクラといえば、テレフォンセックスをするだけのものだと思う方がいます。しかし、出会いの場ともなっており、相手を求める女性が多くいるのです。また、ツーショットダイヤルを利用すれば、さらに経験が積めてリアルな出会いが実現します。

テレフォンセックスを始めるコツ

テレフォンセックス初心者におすすめの言葉責めとは

テレフォンセックスで女性を悦ばせ、リアルな世界でセフレ化したいなんて思っている方も少なくありませんが、このためにはまずはテレフォンセックスで女性を満足させることが重要です。

そこで覚えておきたい言葉責めについて、ここでは紹介していきましょう。

言葉責めを覚えることがてっとり早い

テレフォンセックスが上手な男性は、リアルな世界でもモテます。これはやはり会話というコミュニケーションが上手なわけですから、当然の結果といえますね。

そしてテレフォンセックスが上手になるためには、さまざまな方法がありますが一番てっとり早い方法が言葉責めを覚えるということ。

言葉責めというとオラオラ口調や命令口調というイメージがあるかもしれませんが、M体質の女性には有効ですがそれ以外ではちょっと敬遠されてしまう恐れもあります。

まずはテレフォンセックスを行う前のフリートークの時点で相手がどのような性格の持ち主なのか。SかMか、セックスは受け派か責めるタイプなのかくらいは把握しておきたいところですね。

語尾は「○○してごらん」とか「○○みたいだね」と敢えて優しい口調でありながらも、「変態」や「ドスケベ」といった蔑むようなキーワードを散りばめて責めてあげてみるのがおすすめです。

言葉責めをしない=難易度の高いセックスをすること

言葉責めは非常に簡単ですし、慣れてくれば女性の性的興奮度をかなり高めることが可能になります。

逆に言葉責めをしないということは、前戯もなしにいきなり挿入をして女性を満足をさせようなどという難易度の高いセックスをしようとしているようなもの。

初心者だからこそ簡単な言葉責めを覚えテレフォンセックスで使っていきましょう。

関連する記事

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén