テレクラをテレフォンセックスだけのオワコンと思う間違い

テレクラといえば、テレフォンセックスをするだけのものだと思う方がいます。しかし、出会いの場ともなっており、相手を求める女性が多くいるのです。また、ツーショットダイヤルを利用すれば、さらに経験が積めてリアルな出会いが実現します。

テレクラでテレフォンセックス

テレフォンセックスという本来の目的を忘れてはいけない理由

テレフォンセックスをしたいと思っているのに、テレクラやツーショットダイヤルを利用すると、本来の目的を邪魔してくるような存在があります。

それが援交目的女性と美人局の存在です。ここでは援交女性と美人局への対策を紹介します。

テレクラはリアル出会いの意識が強い

テレフォンセックスが目的であるなら、特にテレクラを利用する際には注意が必要です。なぜならテレクラの場合は他のツールと違い、リアルな出会いを重要視している傾向があるからです。

電話をしてきて知り合うという課程を踏むものの、そこで完結するケースは少なく、アポイントだけを取って実際に会い、そこから展開するといったケースがほとんど。

つまりは電話はあくまでもつなぎのツールとして利用されているに過ぎません。そこで問題になるのが援交目的の女性や美人局の存在です。テレクラではリアルな出会いの意識が強いということを覚えておきましょう。

本来の目的を忘れてはいけない

美人局や援交女性に騙されたくないのであれば、本来の目的であるテレフォンセックスがしたいということを絶対にブレずに持っておくことです。

やはりバーチャルよりもリアルセックスの方が良いと考えてしまう男性は多いですし、目の前の欲求に流されてしまう傾向がありますから、どうしても流されてしまって実際に会いたいと目的が変わってしまいます。

美人局や援交など悪事を働く連中は男性が興奮してしまう刺激ポイントを把握してそこを上手についてきます。乗っかってしまったが最後、後はその悪事に巻き込まれることになるのです。

騙す方が悪いのは当然のことですが、やはり美味しすぎる話に乗っかってしまった側も注意力が足りないと言わざるを得ませんね。

リアルな出会いはテレセをしてから

このように途中で本来の目的を忘れるとトラブルに巻き込まれる可能お世が高まります。テレフォンセックスという目的を忘れなければ、リアル出会いに誘われた時点できっぱりと断れます。

リアルセックスは焦らずテレフォンセックスを数回経験した後で十分とは言えないでしょうか。

関連する記事

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén